読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「 可愛い 」は末期

寝ても覚めても顕嵐さん @___uxxno1

元々担と元担と阿部顕嵐さん。

 

 

 

眠れないので今までのことをつらつらと……

歴代の担当、って言ってもそんなに居ない。顕嵐くんが3人目。

 

小学生の時に始まったオタク生活のスタートは赤西仁あの頃の赤西くんって誰にも超えられないって本気で今でも思ってるくらい好きになった頃の赤西くんはかっこよかった。劣化も結構あったけど、さつきの旦那な赤西くんも最高にかっこいいと思ってる。2児のパパになるとは思えない。かっこいい。

 

赤西仁

10年以上… 歴代一番長いこと担当していただけあって、私の人格を作り上げるのにも、オタクとしてのスタンスにも、大きく影響を与えた人。…良い意味でも悪い意味でも。女関係派手だし私生活派手だし、一々やってることぶっ飛んでるから並大抵のことじゃ驚かなくなったスキャンダル的なものは特に( これは元担の時にも発揮されることになる )

だってデビューして半年で半年間留学に行ったと思えば、何年かしてあっさり辞めていって、普通に同じ事務所で活動したと思えば、サーっと事務所辞めて平和に芸能活動やって成功してる人なんて私赤西くんの他に知りません。フライデー撮られまくって、そのうちフライデーに載る=仕事の前の話題作りってなるからね。そりゃ、強くもなります

 

BANDAGEの出会いが良くなかった。( 誰との出会いかは明言しないけど ) これに尽きる

歌い方も変わったし、仕事への望み方が変わったのもBANDAGE以降だから。恨み辛みはあるけれど、今があるのも過去があるからだから仕方ないってこの事に関してはそう思える。時間が解決してくれたのかなって思う。

事務所を辞めご結婚された赤西くんを応援してたけどやっぱり何か違う感があって離れ、担当不在期間を1年過ごして急に降り先が見つかる。何かが降ってきたみたいに降りること決意する

 

2人目の担当、藤井流星。まさかの年下。だいぶ年上の担当から、同世代だけど年下の担当。なにこの振り幅。年下嫌いな私の担当が年下になる日が来るなんて……

 

藤井流星

歌も演技もダンスも申し分無かった赤西くんと比べ、藤井って「 うん。がんばろ? 」みたいな。当時からめっちゃ頑張ってたんだけど、なんせ赤西くんベースで物事を測っちゃうもんだから…… 120%こちらが悪いんだけど、足りないんだよなぁ ( )

でもそれが良かったんだと思う。Jr.の頃からKAT-TUNは出来上がりすぎてて、デビュー前から単独やっちゃうような人だったから。応援してるって感覚よりも、魅せてもらってる感覚の方が圧倒的に強かった。彼らにはデビューへの不安とか割と無かったし。

 

それに比べて藤井や7WESTは未完成で… 応援したい、って思えた。一緒にデビューまで歩いて行きたいって。藤井個人じゃなくて7WESTも応援しようって思ったのは、がきぺー辞めてからだけど。

 

藤井がミスパ出て、SHARKにりゅかみ決まって、ってなって絶対7WESTデビューでしょ!って思いながらもクリパの括りが意味わからないことになってて不安になって。その不安が的中した2013、2014のカウコンは今でもトラウマ。未だに放送見れない。ドームでギャン泣きして途中から記憶ないくらいだし。他人の将来心配して泣いたのなんて、後にも先にもこの時だけ。

からのあけおめがしんどくて ( 語彙力 ) 年始早々泣きすぎたし体重4kg減ったから相当病んでた。7WESTがいいって壊れたおもちゃみたいにずっと言ってた年始

4人がバラバラになることも、藤井の夢が消えちゃうこともツラかった。

 

なにわ侍初日にめでたく7人でデビュー発表してきてまた号泣。前日早売り流れてきてたから知ってたけど、本人たちの口から聞いたら改めて泣けた。前日も泣いたのに。公演中あんなに泣いたの初めて。この人に初めてを捧げすぎでは? ( 言い方 )

デビュー日に週刊誌に載った藤井。( もちろんよろしくない内容で ) 心配した友達が電話してきてくれたにも関わらず、私の返した言葉は大丈夫でしょ、ただの話題作りだよ。その友達の別の藤井担は「 流星が辞めちゃう 」と泣いていたらしい。でも、私にとってはそんな内容可愛いもんだ。なんてったって赤西担でしたから。痛くも痒くも無ければ、真実もどーだっていいです。

 

デビューしてからも色々あって、赤西くんより全然担当期間長くないけど思い入れと思い出だけは負けない藤井。そんな藤井から、違う人に興味が移ったのは2016年7月4日。この日は赤西くんの誕生日だから絶対忘れない。

 

3人目の担当、阿部顕嵐。同世代年下からだいぶ年下の担当へ。ドウシテコウナッタ…? 来るとこまで来てしまった感

 

阿部顕嵐

担当になったきっかけ話すと大体「 え? 」ってなるので話しません。当の本人も意味わからないと思ってますし。Travis Japan阿部顕嵐を好きになったはずなのに、彼はLove-tune阿部顕嵐になってしまった。Jr.あるあるじゃーん!って軽く流せる程、グループが変わることに免疫が無い。だって…

赤西くんは好きになった時すでにKAT-TUNでそのままデビューしてるし。藤井だって好きになった時に7WESTだったし、メンバーこそ違えど7WESTのメンバーと一緒にデビューした訳だし。

 

何より9人のTravis Japanが好きだった。

新規の私が語るなんておこがましいので、これ以上はどうこう言わないけど… やっぱりTravis Japan阿部顕嵐が好き。どう足掻いたって元には戻れないけど、ワンチャン戻ることもあるんじゃないかって期待しちゃってる。直談判でどうにでもなる風潮が最近あるから尚更。

Love-tuneの顕嵐が嫌いな訳じゃない。顕嵐が自分で決めた道を応援したいってちゃんと思ってはいる。Travis Japanがいいだけ。Love-tuneに苦手な人が居るだけ。ただそれだけ。

 

頭でわかっててもさ、心がついてこないことってあるんだよなぁ… 赤西くんの時みたいに時間が解決してくれるって思って、今は葛藤しながらもただひたすらLove-tune阿部顕嵐の背中に着いていくしかない。これ。

担当がLove-tuneとして未来を見据えて活動していくんだから必死で着いて行くまでです。はい。

 

とりあえず元々担と元担のおかげで大抵のことは乗り切れる仕様になっているので、この問題も何とかなるでしょう。

何ともならなくったって、会いに行ってるんだから大丈夫。もはや既に何とかなってる。自分の年齢考えたら何とかならずにおたく自体をさっさと辞めるべきなんですけどね。

底なし沼にハマった気がするから仕方ない

 

 

と、まぁ… 担当遍歴はこんなです。

いろんなものを犠牲にして、オタクとしていろんなものを得てきたから、これが私の名刺みたいなものです。

 

これからも今まで通り事務所の立派なカモとして生きていきます。だから夏のシフト早くください